スタジオ日誌

収録の様子などをお伝えします

局長、マスクドんの一期一縁ラジオ#12に出演!?

ラジオパーソナリティーに向いている人ってどんな人?

このテーマについて、2020年11月10日配信のマスクドんの一期一縁ラジオの#12でお話させていただきました。
というのも、ディレクターの僕がゲスト出演。
今までもよくあったことですが、クライアントさんのラジオ番組に出演するのはなかなか久しぶりのことで緊張しました。

というのも、らじきゃすでは、毎回の配信後に、希望者の方にはディレクションを入れさせていただいています。
良かった点と、改善点など、けっこうな長文で送らせて頂いています。
ラジオ局でありながら、スキルを伸ばすセミナーのような役割も担っています。

そんな毎回、ディレクションを入れている人間が、実際、トークがどのレベルでできるんだ?っていうハードル上がりますよね。
だから緊張するわけです。

収録はZOOM

遠方のため、ZOOMでの収録になりました。
実はお顔を拝見したのはこれで2回目。一度目はスタジオにはるばる来ていただきました。
その時の思い出話などもしています。

一期一縁ラジオ、実はほぼNO原稿…てオィ

マスクドんさんの番組は、僕のディレクションをほぼ無視して(笑)毎回、ほぼノー原稿でやられているので、この回もいきなり答えも準備していない質問が飛んでくるわで、ほぼほぼ面白いこと言えなかったのではないか・・・と心配です。
ただ、生感、臨場感を演出したいという思いがあるようですね。

マスクドんの一期一縁は一周年

とは言え、今回でマンスリーの12回目、一周年を迎えるマスクドんさんのラジオ番組。しっかりパーソナリティーとしての実力もつけ、着実にリスナーさんを獲得してますます発展していかれることと思います。

そんな僕の出演した第12回は2020年11月10日、配信されます。
是非、お聞きください。

※このようにらじきゃすでは、局長ことこつるぎ、アシスタントして、ゲストとして、使い放題でございます。
こき使ってやってください。


のろたんず ゆうこさん収録後

先週末、のろたんずのゆうこさんの番組「ゆうこの”おやすみ前にちょっとだけ”」の収録をさせていただきました。
この写真は、収録後、アクリル板越しに撮ってもらったゆうこさんお気に入りのキャラクター”イーマリーちゃん”と僕の2ショットです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

イーマリーちゃんとわがラジオ局「らじきゃす」の局長、ツルギさんです! 快く登場してくださいました😊 昨日はラジオ番組の収録でした📻 のろたんずの新曲発表もあったりして、ドキマギするわたしをアクリル板の向こうで見守ってくれていた2人です✨ツルギ局長の笑顔、良いですねー😊 ツルギ局長、イーマリーちゃんいつもありがとうございます✨ Spotify, iTunes, Podcast等から、「こころやすまるラジオ」もうすぐ新エピソード配信です! #のろたんず #norotanz #らじきゃす #ラジオ#ラジオパーソナリティー #ポッドキャスト #spotify #tunecore #ツルギさん #イーマリーちゃん #イルメール

ゆうこ(のろたんず)(@norotanz)がシェアした投稿 –

マンスリーでお届けしているこちらの番組、勝手に内情をお話してしまいますと、一度だけ、2ヶ月空いてしまっている回があるのですが、実は、収録後にパーソナリティーご本人から納得の行くトークができなかったのでお蔵入りでお願いします!と連絡があったのです。

すごくストイックな方!
これが僕のゆうこさんに対する印象です。
やっぱり現役アーティストとしてステージに立ち続ける人は違います。
収録の度にそう感じます。

ぜひ、ゆうこさんの番組「ゆうこの”おやすみ前にちょっとだけ”」聞いてみてください。
コンセプトが、番組タイトルの通り、一日の終り、おやすみ前にちょっとだけ聞いてもらえることをコンセプトにお届けしている番組です。

聞いてみてください。


スタジオ日誌始めます

お試し収録に来ていただく方に少しでも雰囲気を感じていただくためにこちらにスタジオ日誌を掲載していきます。

らじきゃすには様々な目的の方がやってきます。

ラジオパーソナリティーになるためのアプローチ方法を知りに来る方

ラジオパーソナリティーになるための技術を磨きたい方

らじきゃすでラジオ番組を持ちたいという方

トークスキルを磨きたい方

ビジネスに音声や映像配信を活かすために相談に来られる方

様々です。

どのような目的にしろ「話す」技術を磨くことは今後の人生がとても「生きやすくなる」と思っています。
僕自身がそうだったからです。
伝えたいことを相手が受け取りやすい形に「調理」して伝えることができる技術は僕の人生をとても生きやすくしてくれました。

先日、ゲッターズ飯田さんのツイートでも同じようなことがツイートされていたのでご紹介します。

ときに武器になるので使い方を誤らないでほしいみたいなニュアンスもありますね。
ヒトラーやスターリンがそうですよね。
そのくらい大きな要素なのだと思います。

この力を磨いて多くの人が生きやすい世の中へ。
性格の良い人が話し上手になる。これだけでその半径100m以内の人、ほとんどすべてが幸せになると思っています。


VoicyかHimalayaFMか?

音声配信サービスはどれを選ぶ

音声配信サービスで特に注目をしているのは次の二つのプラットフォームです。

VoicyとHimalayaFM。VoicyはSNSなどで人気のあるインフルエンサーが多く参加していて特に注目を浴びています。
一方、HimalayaFMは元アナウンサー堀潤さんや、ドクターコパさんが参加しています。
Voicyは承認された方のみ配信可能で、HimalayaFMはアカウントを作れば誰でも配信が可能になります。

ラジオパーソナリティー(志望)はどちらを選ぶべきか?

ラジオパーソナリティー志望の方であれば、HimalayaFMがオススメです。なぜかというと、消去法でHimalayaFMになります。
Voicyはラジオというよりも、音声ブログまたは音声SNSのような新しいメディアの形のように感じます。演出された番組ではなく、優れたコンテンツや情報を持つ人がコンテンツの質重視で音声を通して伝えるプラットフォームのような印象があります。
こちらの記事で書かれているように、音質は特に気にしていないようです。

「音質に文句を言ってくるのはプロだけ」スマートスピーカー時代のボイスメディア”Voicy”の挑戦

2018年2月の記事です。書かれていることは共感出来ることなのですが、ラジオパーソナリティーを志す人にとってはもしかしたら畑違いなのかも知れません。
ラジオパーソナリティにとって音質はもちろん大切な要素の一つですし、更にトークの技術を披露したい人も多いと思います。小さなコンテンツ、仮に尖っていない情報でもそれを演出することでコンテンツの質を高めることが出来ます(仮に中身の薄いことでも笑いに変えるなど)。
情報が尖りすぎている時、場合によってはオブラートに包むことも考えます。おいしくない食品、面白くないゲームをストレートに評価しません。良くも悪くもラジオパーソナリティーとはネット社会とはやや一線を画す奥ゆかしいモノなのかも知れないですね。
ストレートに批評しないコミュニケーションの基礎的な部分がラジオにはあります。決してリスナーに不快感を与えません。そのようにコンテンツを演出して伝えることができるのがラジオパーソナリティーだと思います。

情報を演出すること自体、あまり好きではないという人が増えていますが、技術を磨いた人から整理された情報を受け取りたいという人も大多数いますよね。
Voicyとラジオはそういう意味でベクトルが違うように思います。大げさに言えばネットとテレビのように。

そうなってくるとラジオパーソナリティーになりたい人とVoicyはマッチしないのかな?というのが印象です。
もちろん、上記のような理由からVoicyの需要は高いでしょうし、実際、盛り上がりを見せています。更に言えばこれからのラジオにとっても大いに学ぶべき点、参考にすべき点があるのだと思います。

HimalayaFMを選ぶべき理由

HimalayaFMの方は誰でもアカウントが作れるので、音質の善し悪しはありますが、HimalayaFMの運営者の方とお話させていただきましたが、とにかく話せる技術の高い人を集めたいという思いがあるようです。日本のラジオ局やその関係者の方と情報交換もされているようで、そのコンテンツ集めの根底にはやはり「ラジオ」というものがあるようです。
HimalayaFMの担当者の方かららじきゃすにアプローチしてきていただき、運営者の方ともお話をさせていただきましたが、お話をいただいた時点でベクトルが一緒なのかなという印象も持っています。

HimalayaFM
Voicy