radicasロゴ

涼の部室トークVol.15

セカンドシーズン3回目。前回から間が空いていて、どうしてるかな?と思ったら、なるほどそういうことでしたか(笑)

わかるわかる♪

さて、本日もコーナー3本立てでお届けします。

最初のコーナーは、「大人になって失敗したこと」

次のコーナーは「一人暮らしあるある」

最後のコーナーは「伝説すぎる人」

是非、お聞きください!

涼の部室トーク Vol.14

新シーズンに入って2回目の涼の部室トークです。

今、大人の皆さん、子どもの頃、エッチな本がそこら辺に落ちていませんでしたか?
そんな過去の時代を振り返るオープニングトーク。

どんなオープニングトークよ(笑)

今日もつかみはオッケーで始まります。

最初のコーナーは「夏が終わりました」
北海道の夏はそんなに短いの?北海道の短い夏を振り返るお話です。

そして、「世界一おもしろいプロ野球情報」

コーナータイトルから思いっきりハードルをあげております。

今日は伝説の珍プレーをご紹介。これって、アラフォー世代以上のネタではないですか!
伝説は20代の涼君にも語り継がれていたのですね。

そして、「涼の三枚おろし」。今日も明言を紹介します。

エンディングトークでは、ホラートーク。最後までお楽しみください。

涼の部室トーク Vol.13

4ヶ月ぶりに帰ってきました「涼の部室トーク」。

第2シーズンが始まります。この4ヶ月間、フル充電。

公私ともにフル充電のようです♪おめでとう!!!なにがめでたいか?は番組を聴いて確かめてください。

涼君に起きたこと、変化、シーズン2を迎えた番組の意気込み、相変わらず明るいトークで揚々です。

シーズン2最初のコーナーにこれかい!っていうツッコミ「涼のアホトーク」。相変わらずの涼君の「アホ」エピソードをお楽しみください。

二つ目のコーナーは「涼の恋愛相談所」。なぜだ、恋愛相談ができるようになったのか!(笑)レベルアップだね。

最後のコーナーは、「涼の三枚おろし」。このコーナーは、涼君の大好きな武田鉄矢さんの「今朝の三枚おろし」にちなんだネーミング。

ドラマや映画、マンガ、ゲームなどに登場した意味深な言葉、名言を紹介していくコーナーです。初っぱなから、うなる内容。モチベーションがアップするコーナーです。

涼の部室トーク Vol.12

前回の配信の時に宣言していた「次回は自由にやらせていただきます!」とはどんな意味だったのか?

いやいや最初から自由にやってたぞ♪というツッコミは置いておきまして。

その「自由に」「好きなように」の意味が今回の配信を聞いていただければわかると思います。

実は、今回で「涼の部室トーク」は最終回です。次回の番組はあるのか、どうなのか?なにげに安易に「2」とかで始まったりして(笑)

いろいろな憶測を漂わせながらのエンディングトークまでお聞きください。

そんな「涼の部室トーク」、最終回にふさわしい内容です。

親友っていいな~っとほのぼのしてしまう。

1クール12回をやり遂げたこの番組。最後も最後らしく盛り上がりました。

とても素晴らしい番組でした!!!

したっけね!バイバイ!

局長は新番組の開始を待ち構えております(笑)

涼の部室トーク Vol.11

今年の新入社員さんはなんと言われているのか?

新年度が始まりました。皆さんの周りの新入社員さんはいかがですか?
今日のオープニングトークでは、それぞれの年の新入社員さんは、通称なんと言われていたか?をご紹介します。

今日、最初のコーナーは「北海道民を嫌うな!」です。

北海道民の特徴をご紹介します。

北海道民自虐ネタを披露していただきますが、嫌うどころか愛すべき北海道民。

是非、北海道以外の方に聞いていただいて、こんな北海道民をご理解していただきたいですね。

続いてのコーナーは、「涼のドラゴン桜」。

「アホトーク」でも自らの自虐エピソードを披露する「自称アホ」の涼君。リスナーさんは、けっしてそんなこと思ってないわけですけど(笑)

「こんな僕でも大学行きました」というところから、勉強に対してはどんな姿勢だったのか?学生生活はどうやって乗り越えてきたのか?を教えていただきましょう。

世渡り上手っぷりがうかがえます。

本日最後のコーナーは、局長大爆笑マークが付きました。「野球部あるある」

元球児の方は「そうそう!」という感じでしょうか?体育会系の人も共感できますね。

僕が大爆笑してなんども聞いてしまったのは、最後の締めです。そうそう、そう思えば何事も乗り越えられる!

| らじきゃすとは | パーソナリティ参加方法 | アクセス | 番組にメッセージ | お問い合せ |

©株式会社企画室創希